ソフトな風俗店の種類

風俗店にも、ハードなものからソフトなものまでたくさん存在しています。ハードなものとしては、SMクラブやソープランドなどが存在しています。人妻専門・妊婦専門の風俗などもハード―な部類に入るでしょう。これに対して、ソフトなものには、以下のようなものが存在しています。・飲み屋系キャバクラ・スナック・ガールズバーなど、女の子と会話を楽しみながら、お酒を飲むことができるというものです。基本的に性的なサービスはなしです。ただ、おっぱいパブのように、キスなどを楽しむことができる風俗店も存在しています。・手コキクラブこれは、手コキだけを提供している店です。オナニーをしているところを見てもらうだけの、オナニークラブという風俗店も登場しています。・のぞき部屋オナニークラブと逆の発想です。女性をのぞきながらオナニーをすることができるというサービスです。近年では、女子高生を見ることができるのぞき部屋なども登場して話題になりました。

ソフトな風俗店は損?

風俗店には、様々な種類のものが存在しています。高級ソープのように、一回で10万円近くの料金を支払わなければならない場所もあります。これに対して安くで性的な欲求を満たすことができるのが、「ソフトな」風俗店です。これには、オナニークラブ・手コキクラブ・キャバクラ・おっぱぶなどがあります。一見すると安くで満足を得ることができるので、得なようにも思えるソフトサービス店。しかし、ソープ・ヘルスなどを愛用している人からすると、これらのサービスはかえって損をするとしか思えないようです。手コキクラブ・キャバクラなどは5000円でおつりがくるような料金で利用することができます。しかし、時間が短く、十分なプレイを楽しむことができません。安い店ですと、女の子もかわいくないような場合もあるようです。こんな女性ならお金をもらいたいくらいだ、と豪語する好みのうるさい男性もいるようです。本当にその料金で満足することができるのか、損にならないか、という視点は重要だと言えるでしょう。

ピンサロの魅力とは

庶民が安い値段で、一発抜くことができる風俗店。その代表格がピンサロでしょう。ピンサロは、5000円前後のリーズナブルな値段で、フェラチオサービスを受けることができます。このように安い値段で利用ができる理由は、個室を準備せず、ソファだけという簡易的な設備でサービスをしているからです。服を脱いだり、シャワーを浴びたり、というような手間がかからないので、短時間で多くの客をさばくことができます。回転率を高めることで、値段を下げることに成功しているのです。時間内に何人もの女の子からサービスを受けることができるシステムを採用している店もあります。風俗店の一種と考えられているピンサロですが、実は風俗営業法上の風俗店ではありません。飲食店の一種として経営をしているのです。ピンサロは、暗い空間でサービスを提供しているので、あまり女の子の質は高くはありません。しかし、暗いのであまり顔が見えない。お客さんの側からすると、不細工であったとしても気にならないのです。